レディースタイプの名刺入れはココで決まり!名刺入れ比較サイト

各社の総合評価早見表

名刺入れの必要性

名刺入れはビジネスマンにとってとても大切なツールです。そして、名刺というと男性がよく使うイメージがあるかもしれませんが、女性も様々な場面で出す機会があり、取引先の人などの目によく付く部分です。
そして、必要性としては自分の名刺をおれないように保管したりする目的のほか、もらった名刺を一時的に保存しておくためでもあります。そのため、自分の名刺と相手の名刺を入れるところがわけてあるものを選ぶことがポイントです。

そして、素材もいろいろとありますが、年代などによって選ぶことが必要です。素材に関しては、本革のものからアルミ製や合皮などがあります。その中で、一番オーソドックスなのが革製品になります。
年代問わず使えるのが本革ですが、価格帯としては高めになっているためあまりお金を掛けたくない人は合皮にしている人も多いです。ちなみに、アルミ製は男性が使っていることが多く女性ではあまり使っている人が少ないです。
しかし、クリエイティブな仕事やファッション関係の仕事をしている人は、あえてスタイリッシュなデザインのアルミ製を使っていることもあります。年代を重ねると役職も付くため、デザインもシンプルでありながら品質の良いものを使うようになります。
そのため、ブランド品で本革や牛皮などの製品を愛用している人が多くなっています。

そして、色やデザインもいろいろとありますが、オーソドックスなブラウンやブラックのほかピンクや赤など個性を出すこともできます。ピンクなどはオシャレに見えるため好印象を与えることができます。逆に年齢を重ねると少し濃い色のものを選ぶことによって落ち着いた印象になり、安心感も出すことができます。
そして、デザインに関しては留め金付きのバンドがついているものやすぐに出せるようにシンプルに二つ折りになっているものなどもあります。既製品に関しては販売店によって売っているものが違うので、いろいろなサイトを比較して決めることが大切です。
特に、本革のものを購入するときには、値段も4000円ほどするのでしっかりとした作りのものを選ぶようにします。できれば、実店舗で風合いや色をみて購入するほうがいいのですが、好みのものが見つからない時にはネットで購入する方法もあります。
最近は、オーダーメイドで作ってもらうこともでき、素材から色まで選ぶことができます。そのため、若干価格帯は上がってしまいますが、気に入ったものを長く使えます。

カテゴリー